マンション経営を上手に行なう|節税することも可能です

アパート

後悔しないための始め方

マンション経営を始める際には、じっくりと検討することが重要です。まずはインターネットで、マンション経営に関する情報を入手しましょう。その後、2つのことに注意をしながら、立地選びを行いましょう。そして最後に不動産投資会社を選び、安心してマンション経営を始めることが重要です。

More Detail

節税効果の魅力

マンション

手元に残る金額以上の利益

マンション経営を始めたばかりの頃は、多くの家賃収入を得ることは難しい面があります。特に区分マンションでマンション経営を行なう際には、年20万円ほどしか手元には残りません。一見すると非常に少ない金額のように思えますが、実際に手元に残る金額は20万円以上になることはご存知でしょうか。手元に残る家賃収入は年20万円でも、実際には倍以上の金額が手元に残るのです。その鍵を握っているのが、確定申告です。サラリーマンの方の多くは、確定申告をする必要はありません。年末調整で会社が所得税や住民税を申告してくれるためです。しかし、マンション経営を行なうようになると、自分で確定申告をする必要があります。この確定申告をすることで、所得税や住民税が還付されます。

確定申告を行なう魅力

確定申告を行なうことで、納めた税金が多いと還付されます。年収が600万円の方が区分マンションを保有していると、おおよそ20万円ほどが還付されます。また、ローンの金利負担や減価償却費、管理費などの経費により、所得税や住民税の負担額自体が下がります。年収600万円であればおおよそ20万円ほどが節税できるため、合わせて約40万円の節税効果を得ることができます。これに手元に残る家賃収入を合わせると、年60万円の利益となるのです。マンション経営を検討している方は、家賃収入だけではなく節税効果もよく検討するようにしましょう。また、マンション経営を行なうことで、団体信用生命保険に加入することになります。マンション経営を生命保険の代わりにできるため、加入している保険の保険料を軽減できる効果もあります。

住宅

管理を依頼するには

賃貸経営は非常に高い人気となっています。賃貸経営を行っていく上で、とても重要になるのが賃貸管理です。賃貸管理には修繕や清掃、クレーム対応や家賃回収など様々なものがありますから、自分で行うよりもプロの管理会社に依頼するのも有効的な方法と言えます。

More Detail

笑顔の男性

長期的に安定させるために

安定した不動産投資を行なうためには、将来に備える必要があります。将来のことを全て予測することは困難なため、サブリースで将来に備えましょう。家賃保証や家賃滞納保証のあるサブリースを利用することで、将来に渡って安定した不動産投資を行えます。

More Detail